• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

学校礼拝(第39回)

2019.02.13BLOG

【今週の聖句】


「 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」


( コリントの信徒への手紙Ⅱ 4章18節 )


奨 励 題  『 見えないものに 』


奨 励 者  教諭  新井 昭雄


今日はみなさんに『おくりものはナンニモナイ』(あすなろ書房 2005年初版)という絵本を紹介します。この絵本は、アメリカのパトリック・マクドネルという方の作品で、谷川俊太郎さんによって翻訳されたものです。


私たち日本人は、物にあふれた生活をしていますが、残念ながら満ちたりるということはなかなかありません。いつまでたっても欲しいものが無くならないのが、人間の本性だと思います。山梨英和こども園の園長「大木正人」さんは、自身のこども園のHPで次のように書いています。


「優しさや他者を思い描ける想像力は目には『見えないもの』です。豊かな感性や感受性、待ち望む力や悲しむ力、集中する力、自分を表せる力、忍耐する力、何より自他を大切にする心、生きる力は目には見えません。そしてそれを可能とする神様の恵みも見えません。しかし私達はそうしたことを心に留めて、『見えないものに目を注ぎます』。この言葉は(中略)実に多くの「大切なこと」を私達に気付かせてくれます。」


みなさんはどう思いますか? 





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト