• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

学校礼拝(第40回)

2019.02.27BLOG

【今週の聖句】


「(イエスは)食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。」


( ヨハネによる福音書 13章4~5節 )


奨 励 題  『 更に、もっと… 』


奨 励 者  宗教主任 肥田 信長


最後の晩餐と呼ばれる十字架にかけられる前日の夕食時に、イエス・キリストは弟子たちの足を洗いました。当時、人々は素足にサンダルを履いて生活をしていましたので、足は汚れ、足を洗うのは奴隷の仕事とされた時代でした。そのため弟子の一人、シモン・ペトロは、「わたしの足など、決して洗わないでください」と言いました。しかし、イエスから「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と言われると、「主よ、足だけでなく、手も頭も」と全身を洗ってほしいと願います。


日頃の生活の中で、私たちも欲しい物は“もっと、もっと”とねだり、逆に自分に不利益になる物や人を遠ざけてしまおうとしていないでしょうか。


イエス・キリストは、人間の足が汚れているように、人間の心もさまざまな罪で汚れている。だからこそ、足を洗うように、心の汚れも洗い落とさなければならないと考えていました。また、日頃の生活の中で、“更に、もっと…”と自分が求めたいものばかりを追い求めるのではなく、自分自身の過ちや弱さにも目を向け、自分が赦されて生きていることを知ることも大切なのだと教えています。私たちも自分自身の視点だけではなく、互いの過ちや弱さにも目を向け、お互いに成長できる道がないのかを更に、もっと探し続けていきたいものです。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト