• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter
酪農学園大学附属 とわの森三愛高等学校 > 全件表示 > BLOG > とわブログ > 学校礼拝(第24回)~収穫感謝礼拝~

トピックス

学校礼拝(第24回)~収穫感謝礼拝~

2014.10.06BLOG

<今週の聖句>


 


「 彼らは剣を打ち直して鋤とし槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げずもはや戦うことを学ばない。」


(イザヤ書2章4節)


 


<今週の奨励>


 


「今こそ、三愛精神。
今こそ、酪農学園。 」(教諭  大中 隆)


 


 神に今年の収穫に感謝し、同時に使命を与えられたことを「感謝する時間」を共に持ちたいと思います。今日の聖書のことばは、不戦の誓いと平和の実現への決意を語っています。武器を農耕器具に作り変え、破壊消耗することから創造することへの転換。農業の持つ役割は、農産物生産の他に平和の構築も含むと読み取ることができます。私たちは三愛精神を学び、実践する使命を持った「平和の使者」であると言えます。
 今日は、「今こそ三愛精神。今こそ酪農学園。」について思うことをお話したいと思います。
私たちの「とわの森三愛高校、酪農学園」は、神によって、創設者黒澤酉蔵先生を通して建てられた学校です。まさに、今の時代に聖書のことばを基に、「神、人、土」を学ぶ酪農学園が存在感を増すと思います。「いのち、平和の構築」を実践する「三愛精神」とは何か。
 神を愛す……聖書の言葉に耳を傾け、神から与えられた使命を果たすこと。
 人を愛す……自分と同じように使命を果たそうとしている隣人を応援する。
 土を愛す……農業を通して、環境を学び、地球全体のことを考える
 三愛精神は、人類恒久の平和の実現を実践する理念。毎週、学校礼拝でのメッセージから、そこに生きる私たちは、神の愛によって生かされていることを実感します。
 聖書のことばは、まさに「建学の精神の根源」であり、生き方の指針であると思います。それを実践し、今週も私たちの日常生活の中で覚え、「祈り、行動する」ことが出来るならば、収穫感謝をさらに具体的に、形にあらわすということになるのです。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト