• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter
酪農学園大学附属 とわの森三愛高等学校 > 全件表示 > BLOG > とわブログ > 学校礼拝(第34回)~アドヴェント礼拝Ⅲ・賛美礼拝~

トピックス

学校礼拝(第34回)~アドヴェント礼拝Ⅲ・賛美礼拝~

2014.12.15BLOG

 <今週の聖句>


 


「息あるものはこぞって 主を賛美せよ。
ハレルヤ。」  (詩篇150編6節)


 


<今週の奨励>


 


「響かせて」(教諭 加藤 啓)


 


 


 日本では、1903年(明治36年)に初の讃美歌集が出来上がりました。そこから、何回かの改訂により、みなさんが持っている讃美歌は1971年に作られ、私たちは今も歌っています。
 讃美歌の最初のページの最後の一文にこう書いてあります。
 「そして諸教会をはじめ、キリスト教主義学校、諸団体における、讃美の歌声がより豊かにされるならば幸いである。」
私たち、とわの森三愛高等学校もこれについて音楽的に考えなければいけいと思います。週に1度の礼拝で全校生徒、先生方がこの礼拝堂に集まるのです。この学校でコースを越えて1つになる時は何度かありますが、音楽によって1つになる瞬間は、この讃美歌の時のみではないでしょうか。人によっては、月曜日の朝から体調が優れず、また気分が乗らず、歌うことに一生懸命になれない時があるかもしれません。しかし、とわの森が1つになる瞬間として改めて考えてみたら、大切な時だと思います。讃美歌を礼拝堂で手にする時、歌っていない教室で目にする時に「私たちはとわの森三愛高等学校の一員なのだ」という思いを持ち、礼拝の中で心一つに賛美できれば良いなと思います。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト