• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter
酪農学園大学附属 とわの森三愛高等学校 > 全件表示 > BLOG > とわブログ > 学校礼拝(第44回)~2014年度修了礼拝~

トピックス

学校礼拝(第44回)~2014年度修了礼拝~

2015.03.12BLOG

<今週の聖句>


 


イエスが言われた。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」 ペトロが答えた。「神からのメシアです。」


( ルカによる福音書 9章20節 )


 


<今週の奨励>


 


「 あなたはどう考えるか 」(学校長 榮 忍)


 


 


 学校礼拝も今年度の修了礼拝となりました。終わりというだけでなく、学業を修め次に向かう心構えを確認しましょう。また、東日本大震災から4年が経ちました。覚えて、祈り続けましょう。
 今朝、改めて主イエスの問いに向き合いましょう。福音書の中では、このイエスとペトロのやり取りが、大きな分岐点となっており、この後、受難についての予告があからさまになされていきます。
 主イエスへの周辺の評価や噂話を確認した上で、「あなた」の判断は何かと問いかけられ、ペトロは、「メシアです」と答えています。
 周りはどうであれ、あなたはどう思うかと判断が迫られる時があるのです。避けられず、また選んだ責任を引き受けなければならないのです。第三者として離れてみている場合と、向き合う関係、しかも親しみ深い関わりであれば、判断は異なります。親しさのゆえに、目が曇る危険性もあります。それでもなお、選び取らねばならない時があるのです。
 巷間の流行ですが、「あったかいんだから~」のフレーズがよく聞こえてきます。つらいこと、苦しいこと、悲惨なこと、様々ありますけれど、心の温かさを見つけて、共感できると、毎日がいきいきしてきます。対立や抗争ではなく、和解と共感を目指しましょう。その時に、聖書のこの箇所を思い起こしてほしいのです。状況は味方ではないが、ここに希望があるとの確信をペトロは持っています。究極の和解として神(命の根源)と共に歩む道の約束が、ここにはあるのです。あなたはどう考えますか?





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト