• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

トピックス

学校礼拝(11月9日)

2015.11.09お知らせ

今 週 の 聖 句


 


柔和な人々は、幸いである。           その人たちは地を受け継ぐ


(マタイによる福音書5章5節)


 


インターネットで世の中の情報が容易に得られる時代、わからないことがあれば、何でも調べることができる。学校に行くことに何の意味があるのだろう?


もう少し時代が進むと、きっと日本で一番授業のうまい授業の先生はインターネットで見られるようになるはず。そうなれば学校の先生は必要がない時代になっていくのかもしれない。


大人の先生方の能力があるから、とりあえず話は聞いておこうと考えるかもしれないが、残念ながら、高校生くらいになれば、いくつかの能力は子どもの方が上になっていく。世の中はそういうものだ。


にもかかわらず、「教師が教え、生徒は学ぶ」場であるという学校の役割は変わらなく続いているし、社会的な位置づけはそれなりにある。


 


みんなが学校に期待するものは何だろう?


大人と高校生の間には何が必要なのか?


 


 人間が人間であることの1つが「考えることができる」ということである。その延長線にある「受け継ぐ」こと。みんなは大人の言葉をどう受け止めて、それぞれの人たちが語る話を受け止め、実践していこうと考えるのか。聖書で書かれている時代も含めて続いている、時代を超えて変わらないことの意味を今一度深くかみしめ、受け止めて、自分のものにしていくことが大切だと感じる。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト