• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

トピックス

学校礼拝(第5回)

2016.05.06BLOG

【今週の聖句】


『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』


『隣人を自分のように愛しなさい。』


                         ( マタイによる福音書 22章37、39節 )


奨 励  「 三つの愛を身につけて 」


奨励者 宗教主任 肥田 信長


 


 とわの森三愛高校の校歌は、聖書の言葉から作詞されています。1番の歌詞の後半部分は、「三つの愛 青春の心に刻みつつ いざ我ら永遠の 真理を求め共に学ばん」となっています。学校の名前にもなっている三愛とは、酪農学園の建学の精神である“神を愛し、人を愛し、土を愛す”の3つの愛を表しています。酪農学園は、その3つの愛を教育の根幹として教育活動を行っていくと創立者の黒澤酉蔵先生が定められたのです。


 聖書には、「神を愛し、隣人を愛しなさい。」と2つの愛の部分のみ触れられています。2つの愛に加えて、黒澤先生は、人間が生きていくためには、神さまから与えられた大地からの恵みで命が与えられるのだから“土を愛す”を加えました。その考えから、酪農学園のもうひとつの建学の精神「健土健民」が生まれました。


 隣人を自分のように愛するというのは、難しいことだと感じることがあります。自分の友達ではないから、考え方が違うからと不平や不満を言い出せば、きりがありません。当たり前のことであると感じることであっても、お互いの気持ちを思いやり、配慮を持って接することで、自分が持っていなかった新たな視点が与えられます。


 約2000年前に書かれた聖書の教えは、いまだに世界のベストセラーとして読み続けられています。永遠に変わる事のない、世界中の人が学んでいる教えの中にある真理をしっかり学び、自分の心の中で生かせる方向を見いだし、行動に移していきたいものです。その行動を続ける中で、大きな成長を遂げていきましょう。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト