• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

トピックス

学校礼拝(第31回)

2016.11.21BLOG

【今週の聖句】


『 できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。 』


                            ( ローマの信徒への手紙 12章18節 )


奨 励 題  『 平和の作り方 』


奨 励 者  教諭  新井  昭雄


今日は皆さんに絵本を紹介します。「かわいそうなぞう」(土屋由岐夫 作)という本で、実話を元にしているノンフィクション童話です。


今年の5月26日に、井の頭自然文化園の象「はな子」(推定69歳)が死んだというニュースが大きく報じられました。しかし、そのニュースの中心の話題は、その飼育方法がかわいそうだった、ということのように思います。しかし、どうして「はな子」という名前がこの象に付けられたのかはあまり知られていません。そこには、戦争中の東京・上野動物園で、ゾウが戦時猛獣処分を受けたという戦争の悲しい歴史があるのでした。


争いはなぜ起こるのでしょうか?無理に利益を得ようとしたり、考え方の違い等、様々な理由がありそうですが、原因の一つに「報復(復讐)」があるのではないかと私は思います。


「報復の連鎖」ということばを聞いたことがあるでしょうか。やられたらやり返す、これの繰り返しで終わりが無いことを意味します。しかも、やられた以上にやり返すと、どんどん報復内容が大きくなっていってしまいます。今現在でも、これが理由で紛争が続いている地域があるのです。では、どうしたらこの連鎖を終わらせることができるのでしょうか。平和の作り方をみんなで考えましょう。


「愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。


       『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります。」


                            (ローマの信徒への手紙 12章19節)





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト