• LINE
  • fb
  • instagram
  • twitter

機農コース(2専攻)

NEW! 機農コースに2つの専攻を新設!

酪農後継者や未来の農業人を育成する機農コースに2つの専攻を設置します。

酪農専攻 ※ 全寮制

牛舎実習を中心に酪農を基礎・基本から学ぶ専攻です。

作物園芸専攻

多くの圃場実習を経験することにより、高い応用実践力を身につける専攻です。
自宅から通学可能とし、「作物」「草花」などの専門科目を中心とした実践教育を展開します。もちろん、遠方に在住する方は入寮もできます。



Point1
校内実習

最先端の牛舎や畑で学ぶ確かな歩み 酪農学園だからこそ身につく「学び」がここにあります。

個体管理・群管理をともに学べる施設や環境

個体管理
繋ぎ飼い牛舎

朝と夕方の「牛舎実習」で、生徒たちが丁寧に世話をし、学びの場となる牛舎は太陽光発電やバイオガスボイラーなどを備えたエコ牛舎です。哺乳・育成から搾乳までトータルで学習します。

群管理
インテリジェント牛舎

牛が自由に動けるフリーストール牛舎や搾乳ロボット、牛の糞尿をエネルギーにするバイオガスプラントなど最先端設備を備えた牛舎。文部科学省の「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」に指定され、建てられました。

作物・加工・食育の実習を展開
様々な農業形態に対応

牛舎実習のほかに、作物畑実習も行っています。野菜を栽培することで農業の基礎・基本を学ぶことができ、土壌や飼料・作物への興味も深まっていきます。
更にその畑は加工実習の原材料として、また近隣の幼稚園などに開放して食育も展開。酪農だけでなく様々な農業形態に対応できるよう、学習しています。


Point2
校外実習

3年間で多様な酪農のあり方を体験 道内全域での校外実習を、全ての学年で実施。

全道各地の酪農家の協力を得て実習する実習環境

広大な北海道で多様に展開する、酪農の「今」を実体験で学べる

全道の各地域で、生徒1人につき1農家での実習を行えるのは、全道の酪農家に卒業生を持ち、協力を得られる酪農学園ならではの強みです。「地域が違うと経営も全く違う」と、生徒たちには技術面だけでなく、酪農経営に関する知識を得て、将来を考える貴重な機会となります。

「三愛精神」の礎となるデンマークへの研修旅行

ヨーロッパ各地への海外農業視察

デンマークは、本校の教育理念である「神を愛し、人を愛し、土を愛す」三愛精神の発祥の地。1984年から続けられている欧州酪農研修旅行では、デンマーク・ドイツなど環境に配慮した各国の農業を学べます。


Point3
寮生活

全国各地から集まる仲間との共同生活
協調性と自立心を育みます

寮生活を通して学ぶ感謝の心

規則正しい生活の中で、自分を律することの大切さ、仲間と協力する協調性、後輩を指導するリーダーとしての配慮を学びます。思いやりや感謝の心を培い、人間的に成長する3年間です。

毎日の通学や、食事・健康管理も安心

朝・夕食は、土日・長期の休みも含めた毎日、管理栄養士の献立に基づいたメニューを寮で、お昼は校舎内の食堂で、日替わりの温かい食事を提供しています。看護師を含めたスタッフも配置しているので、健康面のサポートも安心です。

卒業後も続く寮出身者のつながり

男子は60年の伝統を受け継ぎ、2015年に新しく生まれ変わった新築の「希望寮」女子は高大共同の「清温寮」。全国から同じ目標を持つ仲間が集まる共同生活はかけがえのない体験となります。


充実の設備&安心セキュリティ

  • 浴室とは別にシャワー室を完備。実習後も清潔!
  • 全館空調システム完備。
  • 明るい食堂でバランスのとれた食事を提供。
  • セキュリティシステム導入で安全・安心の生活。

生活・経済的に安心!全寮制

  • 土日・長期休みも含め、3色の食事付きです。
  • 学園教職員が生徒と共に生活する安心の寮生活です。
  • 下宿・一人暮らしよりも経済的な負担が抑えられます。
  • 遠方への通学や、毎日の送り迎えの負担がありません。

Point4
高大連携・加工実習

酪農学園大学との高大連携のもと、各分野にも広がる学び。

  • 元野幌FEDREC 中小家畜ステーション見学
  • 乳牛ルーメン観察実習
  • ジャッジング講習会
  • 循環農学類研究室訪問
  • 共進会見学など

農や食の学びとリンクして、農業の豊かな可能性を模索。

本校内の調理実習室や食品加工室にて、チーズやアイスクリーム、パン、ソーセージなどの加工実習を実施。また、自ら栽培し、収穫した作物を使っての調理実習も行います。


Point5
農業クラブ

コース全員がクラブ員

機農コースの生徒は、入学と同時に全員が農業クラブのクラブ員となります。様々な活動を通して意見交換や知識の研鑽に励み、将来を担う農業人として、互いに切磋琢磨し、成長できる環境があります。

全道・全国大会で高い成績をおさめています。

●南北海道学校農業クラブ連盟意見発表大会(壮瞥)※ 2018年度実績
分野:Ⅰ類 優秀賞早川 大生
分野:Ⅱ類 最優秀賞藤田 ももみ
分野:Ⅲ類 優秀賞船山 睦月
●日本学校農業クラブ北海道連盟全道意見発表大会(中標津)
分野:Ⅱ類 優秀賞藤田 ももみ
●南北海道学校農業クラブ連盟技術競技大会(帯広)
農業鑑定競技(農業)最優秀賞佐々木 隆宏
農業鑑定競技(畜産)最優秀賞早川 大生
優秀賞加藤 巧也
家畜審査競技(乳牛の部)最優秀賞鈴木 雄大
家畜審査競技(肉牛の部)優秀賞白勢 竜斗
●第69回日本学校農業クラブ全国大会 鹿児島大会
農業鑑定競技(農業)優秀賞佐々木 隆宏
農業鑑定競技(畜産)優秀賞早川 大生
家畜審査競技(肉牛)優秀賞白勢 竜斗
●南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会(本校当番校)
分野:Ⅲ類 優秀賞加工班
分野:クラブ発表 最優秀賞執行部(4年連続)
●日本学校農業クラブ北海道連盟全道実績発表大会(名寄)
分野:Ⅲ類 優秀賞加工班
分野:クラブ発表 優秀賞執行部

共進会活動にも積極的に取り組んでいます。

●第9回全日本ブラックアンドホワイトショウ
2018セントラルジャパンホルスタインショウ
第1部
4位(第1部学校最優秀賞)トワノモリ MF マッカチェン ハルミル ET
高校2年生以下の部
ベストリードマン竹中 徳明
セカンドベストリードマン岩崎 健太郎
高校3年生以上の部
ベストリードマン前嶋 拓夢
●北海道ブラックアンドホワイトショウ(安平)
第3部(未経産ジュニアクラス12ヵ月以上15ヵ月未満)
4位トワノモリ MF マッカチェン ハルミル ET
第7部(ジュニアカップ&リードマンコンテスト 生後6ヵ月以上11ヵ月未満)
6位トワノモリ フロンティア M マダムドアマン
9位トワノモリ レインボースター サンチップ
リードマンコンテスト
1位岩崎 健太郎
2位竹内 徳明
3位山内 瑞穂
4位前嶋 拓夢
5位穐野 篤史
●北海道ホルスタインウインターフェア(音更)
第6部
5位トワノモリ MF マッカチェン ハルミル ET
第8部
6位トワノモリ レインボースター ドアマン
リードマンコンテスト

高校1年生以下の部

2位尾曲 夢生
4位佐々木 智也

高校2年生以上の部

1位竹中 徳明
3位山内 瑞穂
6位道端 拓愛

Point6
進路・資格

国公立大学や難関私立大学にも合格

過去の主な進学実績

学園内進学や推薦制度を活用し高い進学率を誇っています。

  • 酪農学園大学
  • 帯広畜産大学
  • 明治学院大学
  • 明治大学
  • 東京農業大学
  • 上武大学
  • 日本体育大学
  • 八紘学園・農業大学校・JAカレッジ

高い就農率・就職率

農業高校枠を活かした高い進学実績があります。独自の教育システムで、大学卒業後の就職率も高くなっています。

酪農学園大学への学園内進路制度

本校から酪農学園大学へ進学する場合には、さまざまなサポートがあります。

  • 進学時の入学金が全額免除
  • 希望者はほぼ全員が進学可能(一部コースを除く)
  • 後継者特待で、初年度前期授業料免除も
※ 給付条件など、詳しくは、学校見学会などでお尋ねください。
後継者はもちろん、新規就農や経営にも役立つ資格取得サポート。
  • 日商簿記
  • 食品衛生責任者
  • 家畜商
  • 危険物取扱者
  • 毒劇物取扱責任者
  • ガス溶接
  • アーク溶接
  • 普通自動車
  • 大型特殊
  • 作業免許(車両系建設機械)


在校生の声

機農コース 3年
黒澤くろさわ 晃太郎こうたろうさん
千歳市立東千歳中学校 出身

道内各地で行われる校外実習で実家とは違う酪農を体験

実家が酪農を営んでおり、将来は後継しようと考えています。そこで酪農に特化した学びを受けられる機農コースへの入学を決めました。
このコースの特徴は、道内各地にて様々な実習を行っているところ。3年間で延べ45日間の校外実習を実施しているのは、全国で見ても本校だけです。なかでも印象的だったのは道東で20日間お世話になった委託実習でした。搾乳牛だけでも200頭もいる大規模農場で、朝晩の搾乳などを体験させてもらえました。また、これほどの規模なので、従業員さんもいて、家族以外の人とのかかわり方、人を雇う難しさなども間近で感じることができました。実家とは違う酪農を見られるという、貴重な体験ができました。

卒業生メッセージ

酪農学園大学 農食環境学群 循環農学類 2年
向山むかいやま 玲奈れいなさん
(機農コース 2017年度卒業)
別海町立上春別中学校 出身

寮生活で課題を解決する力がつきました

私は農業に対する視野を広げるためと、酪農のスキルアップを目指して入学しました。3年間の寮生活で学んだのは、自分で課題を解決することの大切さ。担任の先生に「君たちがこれぐらいで十分、と思っていることは実際より事足りない。もっとやれ。」と指摘されたことは今も心に残っています。生徒会長として学校祭に取り組み、農業クラブを含めて多くの実習ができ、専門知識も身につきました。
将来は、牛乳の消費拡大や新しい食品づくりにも挑戦したいと思っています。

教員の声

機農コース
西川にしかわ けん先生
(農業科)

農業を営む上で欠かせない人脈を築けるのが魅力

本コースの魅力は、”農業に携わりたい”という同じ目標を持った人たちや、様々な農家の方々と出会えるところです。全国各地から集まった仲間たちとの交わりや、校外実習や各種研修を通じて、農業にかかわる上で欠かせない人脈を築くことができます。また、キャンパスには高大で活用する学園農場があり、酪農学園大学の先生による繁殖、基礎的学習を学べるのも本校ならではです。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト