Just another WordPress site
  • fb
  • youtube
  • instagram
  • twitter

ごあいさつ

「三愛主義」「健土健民」の教えを
具現化し、世界に普及しましょう。

学校法人酪農学園 理事長 谷山 弘行

谷山 弘行

とわの森三愛高等学校は「三愛精神(神を愛し、人を愛し、土を愛す)」を建学の精神としております。愛するとは生かすこと。互いの違いを受け入れて生かし合い、土や自然を大切にし、社会に貢献するという精神であります。学園創立者黒澤酉蔵は、キリスト教の教えに基づき、環境に配慮して良い土つくり、そこから安全・安心な食材を生産し、それらを食べて健やかな人間が育つという「健土健民」の思想を唱えました。この二つの教えは、酪農学園大学と共有するもので、高大一貫教育の根本となる思想であります。
全日制通信制を併設する当高校は、教養教育を基礎に、「農・食・環境・生命」を意識した教育課程を準備しています。また人間性を育てる生徒会活動やクラブ活動、ボランティア活動、地域や海外との交流などが活発に行われています。それぞれの分野にチャレンジし、いろいろな経験や出会いを重ねながら自己研鑽に励んでください。
酪農学園は充実した施設・設備が整っています。今年度は、人工芝サッカー場が完成します。さわやかは汗を流してもらいたいと思います。楽しい学びの3年間となるよう願っております。


理事長プロフィール

1951年、宮崎県に生まれる。
1977年酪農学園大学酪農学部獣医学科を卒業。帯広畜産大学教員を経て、1987年より酪農学園大学で教員として教育研究に従事。獣医学部長(2005~2007年)、学長(2007~2013年)を務めた。専門は獣医病理学。

酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校 校長就任のご挨拶

学校長 西田 丈夫

西田 丈夫

酪農学園は、創設者黒澤酉蔵翁が提唱した「三愛精神」「健土健民」思想を、キリスト教精神のもと、教育実践する学舎として創設されました。その源泉は、本校の前身となる酪農義塾にさかのぼります。学校法人酪農学園は創設以来、時代に適応した沿革をたどりながら充実発展し、現在は大学、大学院そして本校を有し、さらに関連するさまざまな事業を展開するに至っています。その実績は教育、農業界はもとより各界において、確固たる地位を築いてきました。酪農学園を巣立った卒業生の各界での活躍は、私たち教職員の誇りでもあります。
しかしながら、わが国は少子高齢化や価値観の多様化など、大きな転換期を迎えるに至りました。教育に視点をあててもその課題は山積です。次の世代へつながる、物心ともども豊かな国づくりは、今を生きる私たち共有の責務でもあります。
本学が掲げる教育の理念は、まもなく百年を経過しようとしても、色あせることなく、今でこそ輝く理念です。
かつて、黒人差別解放運動に命をかけて闘った、キング牧師はこう語りました。「暗闇が深ければ深いほど、星は輝く」と。今の社会は、如何にあるのか、その判断はさまざまとは思いますが、私は、今こそ、その輝きを一層放つ時と感じています。
本学の学びが、単なる数字の評価ではなく、建学の精神のもと、人格として評価される真の学びに近づけるよう、校長としての責務を果たす決意です。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト