• LINE
  • fb
  • youtube
  • instagram
  • twitter

ごあいさつ

とわの森三愛高等学校で、自分の未来を見つけてください。

学校法人酪農学園 理事長 谷山 弘行

谷山 弘行

 神を愛し、人を愛し、土を愛す。これは酪農学園の建学の精神を表す言葉です。宇宙の摂理を探求し、ともに生きる隣人を慈しみ、そして人類存続の礎となる土を尊ぶ心を育むことを学園の使命としています。学園創立者黒澤酉蔵は、キリスト教の聖書にその教えを求め、この建学の精神を定めました。そして、この教えに基づき、環境に配慮した良い土を作り、そこから安全・安心な食料を生産し、それを食する人々が健やかな生活を送ることのできる「健土健民」の思想を唱えました。この2つの教えは酪農学園大学と共有するもので、高大一貫教育の根本となる教えであります。
 全日制と通信制を併設する本校は、教養教育を基礎に5つのコース制を設置しています。今年度、新しく西田丈夫校長を迎え、さらなる高校教育の充実を図ります。大学と共に教育環境の充実を図ります。生徒に皆さん、色々な分野にチャレンジし、自己研鑽に励んでください。


理事長プロフィール

1951年、宮崎県に生まれる。
1977年酪農学園大学酪農学部獣医学科を卒業。帯広畜産大学教員を経て、1987年より酪農学園大学で教員として教育研究に従事。獣医学部長(2005~2007年)、学長(2007~2013年)を務めた。専門は獣医病理学。

遠くに、人生の目標を見通し、近くに、今の課題を乗り越える努力を重ね、平和と社会発展に貢献できる人材教育を担う学校を創造する。

学校長 西田 丈夫

西田 丈夫

 日本のみならず、世界は日々激動の時代です。世界を動かす人材は決して一部の特別な人々でありません。社会の一員である私たち一人一人の生き方の集合体です。
 人材を育むのは教育です。その結果得られた学力が単なる進学や就職の物差しでは、あまりにも寂しく感じます。「学力」「体力」は、たくましく生き、人生を切り拓く「人間力」の一部であるべきと考えます。
 本校には、教育課程の異なる5つのコースを設置していますが、目指す目標は、豊かな人間力を育み、社会に貢献できる人材育成にあります。酪農学園創立の祖である黒澤酉蔵は、若くして、窮乏と弾圧に苦しむ民の救済に奔走し、その後、日本酪農振興の父として、その生涯を未来を拓く人材育成に捧げました。まさしく人間力あふれる人物でした。その中で掲げられた建学の精神は、今の社会にあって、一層の輝きを放ちます。本校もその光の一筋とならなくてはなりません。
 世界に貢献できる人材として、本学での学びの3年間は、「人生を見つめ、今を生きる」その基礎作りであってほしいと願っています。





Recommended

sns
sns
sns

各種特設サイト