全国レベルを目指す指定クラブで
スポーツマンとしてのキャリア教育を実践

指定クラブ限定 40名

FEATUREコースの特徴

トップアスリート健康コース

スポーツがつなぐ未来 児童・園児たちとの交流

本コースの⽣徒が先⽣役となり、近隣の児童・園児と定期的にサッカー・ミニバス・バレー等様々なスポーツ交流を⾏い、スポーツの楽しさや魅⼒、⾝体を動かすことの⼤切さを⼦どもたちに伝える活動を⾏っています。
トップアスリート健康コース

様々な観点からスポーツを捉える「コース⾏事」

登⼭やウォールクライミング、ラフティングをはじめ、様々なアクティビティを経験し、トップアスリートに必要なクオリティの⾼い感性を養います。
トップアスリート健康コース

酪農学園⼤学との⾼⼤連携授業「健康栄養学」

⼈間の⾝体構造や⾝体が動く仕組み、栄養学的知識を習得するために、酪農学園⼤学の⾷と健康学類で講義を受講。トレーニングセンターをはじめとした充実した施設で、専⾨性の⾼い学びが⾏えます。
トップアスリート健康コース

「スポーツ理論」の学習で複眼的思考⼒を⾝に付ける

「スポーツ理論」では、グループワークなどを通じてライフステージを考えたり、ディベートやスピーチ、様々な形でコミュニケーション能⼒や発信⼒を⾼めます。 ⾃ら考える⼒を育み、多⾓的に物事を捉える複眼的思考⼒を習得します。

2020年度より2つのクラブが指定クラブに追加

トップアスリート健康コース  ⼥⼦バスケットボール部
トップアスリート健康コース  硬式野球部

COURSE主な進路

スポーツ教科の国公立大学・難関私立大学への進学

部活・勉強と文武両道の3年間は進学・就職など多様な可能性を広げてくれます。卒業生にはオリンピックを目指して、世界で活躍する選手となっている人もいます。

トップアスリート健康コース

山本 智大 選手 / 堺ブレイザーズ所属ⒸBlazers sports club

トップアスリート健康コース

VOICE在校生の声

在校生の声

スポーツと大学進学を両立 複眼的思考力なども養える

本コースの魅力はスポーツに打ち込める環境が整っているところですが、それだけではありません。「文武両道」がモットーなので、大学進学を目指す高いレベルの学習と両立することができるのです。 そのため、大好きなサッカーを続けながら、将来に向けた学習設計を組むことも可能。また、様々な角度から一つの事を考えられる「複眼的思考力」や「コミュニケーション力」「スピーチ力」を鍛えられる授業も。 ここで培った能力が将来、人とかかわる仕事に就きたいという新しい夢が生まれるきっかけにもなりました。
 
トップアスリート健康コース 3年 鈴木すずき 颯悠はやひささん 江別市立中央中学校 出身

MASSAGEメッセージ

卒業生メッセージ

1つのことを頑張りぬくことが力に

私はバドミントンがしたくて入学しました。3年間同じクラスで同じ仲間と、苦しいことも含めてアスリートとしての思いを共有でき、バドミントンという1つのことを頑張りぬいた経験が今につながっています。 3年間バドミントンに集中でき(部長も経験しました)、勉強と両立できたのは、本当に貴重な時間だったと今になって分かります。 卒業後の進路は、自ら学びたいと選んだ大学を志望しました。現在は消費者法など、身近な法律を学んでいます。
 
青山学院大学 法学部 2年 西尾にしお 樹莉じゅりさん (トップアスリート健康コース 2017年度卒業) 南幌町立南幌中学校 出身

教員の声

一生を通じて心身共にスポーツマンに

全国レベルのアスリートを目指すとともに、競技生活後の人生まで見据えた生き方をも考える、特色ある授業を展開しています。 アスリートとして大切な「人から応援される人間」になるための学びや、高大連携授業での健康栄養学、研修旅行での実業団・大学クラブへの参加など、独自のプログラムを実施。 2020年の東京オリンピックで活躍が期待される男子バレーの山本智大選手、バドミントンの松本麻佑選手などを輩出しています。
 
トップアスリート健康コース 妹尾せお 将義まさよし先生 (保健体育科)

関連コンテンツ